膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
エアクランプ枠(KCT-001H)
スズキの「エアクランプ枠」は、刺しゅう枠にはめにくい、またははめられない生地を刺しゅうする場合に使用します。
適合刺しゅう機は、トヨタ、ブラザー、バルダン、タジマと、どのような刺しゅう機にも取り付くように土台を製作しています。
この機種の構造は、枠がナナメに上がるのですが、小型機向けか防寒着対応が多いところです。

枠はめ時間/手間の弊害についてはご存じの通りですが、従来通り置き縫いで済まない場合、準備の手間が掛かる場合に最も導入価値があります。ある程度のふところを用意していますので、奥行きのある生地を刺しゅうすることもできます。
(1)枠はめ時間、位置あわせの最大短縮
(2)生地に跡がつかない(負担がかからない)
(3)誰がやっても同じ品質での枠はめ

上記画像は、横150mmx奥行80mmの枠を装着しています。
あまり大きいと胸のポケットの上など、セットしづらいので一般的には内径150x80mm、80x60mm程度の寸法が多いです。
枠の交換はねじ2本のみで、女性でも簡単に交換が行え、製作できる枠のサイズは40mm程度から200mm程度です。これ以上のサイズの場合、刺しゅうするときの時間もかかるので、トートバックなど、枠にはめることが出来ないものを除いて置き縫いなどをしたほうが(KCT-301など)、コスト的メリットがあります。
防寒着・毛布等かさばるものについては、ふところが大きくエア圧力を強化し刺しゅう範囲の大きいKCT-008系エアクランプがお薦めです。

オプションとしては、AD850/860/851側リニアレール強化、カセット式クランプ枠など準備しています。


お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)刺しゅうシステムグループへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12  T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T/F: 06-7165-1914