Powered by
膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
SRC-2700M/3100M
ナイフ刃と押し切りカッターを2つ装備した、自然素材対応 マルチカッター式 縦型自動検尺裁断機
SRC-2700M
インテリア機械の大手、BMO社の巾2700mmまでの原反に対応した新型 縦型自動検尺裁断機のリリースです。

ロールスクリーン等インテリア素材の縦スリットを行いながら、定寸で横裁断を行いますが、カット方式を通常の「
ナイフカット」と「押切カット(クラッシュカット)」と選択できるようになっています。

ご存じのようにほつれる生地の場合、一般的には超音波を使用しますが、コスト高であることにくわえ工程上、気を使う部分がありました。
またヒートカット方式では、どのようなものを使用しようともカーボンの課題、煙の問題、バリの問題等ありましたが、新型の押切カッターを使用することで、ポリエステル系素材は当然のことながら、はやりの自然素材の切断まで、再現性を伴った安定的品質をお約束できます。
インテリア仕様に製作されましたが、塩ビ系素材を始め、産業資材系の生地にも対応しています。押切ユニットはガラス繊維素材のカットも全く問題なく、超音波溶断のような風合いをお約束します。

制御は大型タッチパネル原反ラックは重量物取り置きのため、投入時に手前へオフセット、ユニバーサルデザインを実現しています。
SRC-2700Mの独創的特徴
1.ナイフまたは押し切りユニットによる縦切り/横切りとも完全に同期した動作で、安定的品質を維持。
2.刃の切り替えはスイッチ一つで簡単
3.インテリア業界向けの
各種ロールパイプに自動で巻き取り(パイプなしでも可)。
4.各種パイプに使用する
ノリ付きの固定テープも供給できるようになっています。
5.生地端を自動的に追尾し、原反の端面が不安定な場合でも
原反ラックが左右に動いて対応。(オプション)
6.
レーザーラインマーカーにより、生地の定位置を一目で確認できます。
7.
解反のための移動格納式の原反台を標準装備、セッティング時に手前にオフセットします。
8.
完全縦型のため、延反台などが不要
9.
タッチパネルとシーケンサによる完全デジタル制御で、だれにでも安定的品質の保持と再現性を実現します。
10.
キャリブレーション(補正)機能を装備、生地のくせに合わせた補正を行うことができます。
11.標準で
30通りメモリーさせることができますので、アルバイトでも安定した品質を再現させます。
押し切りユニットによる縦スリット。
超音波よりヒートカットより自然な風合いで切断します。
切断面をご確認下さい。
ナイフ刃に変更した近接写真。
ご覧の通り、切り替え式で、壊れる部分がありません。
また目で見て確認できます。
縦切りユニットは、標準で3基装備。
コストダウンのため、スケールプレートを基準に手動で位置合わせを行い、レバーで固定します。
切断方式
ナイフカットまたは押し切り(crush)カット/切り替え式
電源
単相100V 1.2kw
エア
6kg/cm2
最大原反巾
2600mm または 3100mm
制御
タッチスクリーン式
機械寸法
H1370xW3100xD940(原反台格納時)
サンプル切断を承っておりますので、ご検討のお客様は遠慮なくご相談下さい!

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システムGへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T: 06-7165-1914 F:06-7635-7751