Powered by
膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
超音波ホーンと押し切りカッターを2つ装備した、自動ルーラー式 テーブル型自動検尺裁断機
国内初!切り替え式の超音波溶断と押切ユニットによる、素材を選ばない溶断・切断が可能。

ポリエステル生地には超音波溶断ガラス繊維には押し切り切断でほつれない切断品質をお約束します。押し切りは、ウォッシャブルにもある程度対応可!
ブレードの切り替えは、タッチパネルで誰でもカンタンに設定。自動モードでの運転時は、タッチパネル設定、手動時は都度指定します。

大型直角定規である自動ルーラーは、0.1mmのずれ/傾斜も許さない31mmボールネジを採用しています。
自動ルーラーの位置は、1カットごとにタッチパネルで指定した位置に、自動移動。
左図のほかに、標準で4通りのカット方法を準備していますので、生地のコンディションに応じて選択できます。

1ショットごとに目で見て確実な切断/溶断を行いますので、テンションに弱いクラッシュ系の不安定な素材でも確実な延反・切断が可能となります!
標準仕様では、3600mmx4400mmまでの原反に対応。大きさはお客様の仕様に合わせて製作可能です。

切断時は、ヘッド走行部付近を生地を完全固定した上で行いますので、超音波特有の切り始め、切り終わりのくせを考慮せずにOK!
インテリア業界向けに、原反ラックからの直接延反に対応した専用スタンドを準備。

また標準で
30通りメモリーさせることができますので、アルバイトでも安定した品質を再現させます。

左図は、解反ローラーを装備しており、駆動スイッチがあります。
SRC-TUCトップページへ        SRC-TIC動画ページへ       SRC-Multiのページへ

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T/F: 06-7165-1914