膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
超音波カッターの歴史はまだ30年ほどですが、驚くほど多くの分野で利用されています。
ここでは我々産業資材業界、サイン向けの機種をご提案いたします。

超音波は1秒間に30000回前後の振動をシートに与えて発熱をさせて溶断/溶着を行います。
そのため、素材がコーティング素材だとどろどろになってしまいますし、ゴム板のように振幅を吸収されてしまうと、まったく効果がありません。ポリエステル生地、ポン地やファブリック、不織布などにはきわめて有効で、溶断したときバリが出ない、優しい風合いに溶かして切断します。
溶けない天然素材だと、単なる切断だけになってしまいますが、むしろ押し切りに近く、ハサミカットよりはほつれ止めがある程度行われます。
ほつれ止め用途として考えると、ヒートカット方式は安価で手軽ですが、溶かしたときにバリが大きく出てしまい品質上の課題となるとき、超音波方式はお客様の課題解決に大きく役に立つと思います。
・自動機型モデル
シーケンス制御の超音波自動カッター。
生地をセットするだけで自動的にカットします。
・手動モデル
ほつれ止め対応 超音波カッター
生地をつぶし溶着しながら溶断する
ほつれ止め対応のハンド型超音波カッター
手で動かしてカットするタイプのハンド型
超音波カッター。
コスト的に、置き型ヒートカッターと
同等の小型超音波カッター
NEW!
17/5/5

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システムGへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T: 06-7165-1914 F:06-7635-7751