膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
手動ハトメ打ち機 通称 うさぎ
かたちが兎に似ているので、通称「うさぎ」。
大中と3種類ありますがほとんどは「大」型。
ハトメ金具をかしめる器具としては総販売量ではこの種のものが多くなります。

全自動モデルと違い、金具はオスもメスも指でセットし、レバー(耳)をぎゅっと押し倒すと、かしめることができます。
トンカチで叩くカシメ方と比べれば、腱鞘炎にもなりませんし、夜作業していても音が出ませんので重宝です。

カシめる時は、片手でシートまたはメディアを保持して、もう片手でレバーをぎゅっとやります。

小さいタペストリや、ラベルなどにハトメをかしめたい場合は台(脚ペダル)にセットして、足踏みペダルでかしめる仕様にすると両手作業できます。

先端の金具を交換すれば、色々な大きさのハトメアイレットも打てる上、抜き金具もあるので、抜きの道具としても使える、1社に1台の必需品です。
スズキオリジナル仕様
概算価格
脚ペダル台仕様
43,000円
低床キャスター仕様
12,000円
うさぎの耳をかしめたところ
コマを変えると違う大きさの金具
をかしめることができます
☆抜き金具をセットして使用した場合は、こちらでご確認下さい。

ハトメを自動的に打つ全自動機のご紹介です。
半自動ハトメ打ち機のご紹介です。2秒で穴あけ・カシメを行います
ハトメをモーターでカシめる省力機です

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)の溶着システムグループへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T/F: 06-7165-1914