膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
車輌シートの歴史は、自動車などの輸送機器の歴史と完全に一致しています。
車の場合、当初は木の椅子に座布団を敷いただけから始まったそうですが、19世紀後半には、居住性が重視されていまのような専用ソファのような形式になったそうです。
今日では、車輌シートと言っても高級車のような15mmモケットのもの、革素材は当然の事ながら、トラック向け/JR通勤電車向け、航空機、クルーザー、防衛庁の高機動車のようなものまでさまざまあり、それぞれにマッチした作り込み、品質策定がなされているため、ひとまとめにくくることが出来ません。
フレームや機能としても、クーラーや感圧センサーも装備、操縦者の体に自動フィットするメモリー機能も商品化されており、その進歩は加速度的に進んできています。

ここでは最も大きなマーケットであるカーシートの縫製組立工程に話題にしぼって、ワークの品質や工程改善のご提案をさせて頂きたいと思います。
ニッチ製品も多いのですが、それぞれに適した機械が存在しており、遠慮なくお問い合わせ下さい。

汎用型総合送りミシン
ポスト/筒ミシン
ギャザー/タテ2本針/上下送りミシン
アタッチメント
縫いはじめ鳥の巣防止装置の縫いサンプル(JUKI-1562およびミツビシ-4416のみ)
筒ミシン用アタッチメントのページへ・・・
ポストアタッチメントのページへ・・・
ロングアーム/ギャザ
その他設備
ミニキルト
それぞれの機械は、各マーケットに最適な仕様となっており、必ずしも類似の形状だからと言って競合しているわけではありません。
使い分けについては、お問い合わせ下さい。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12  T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T/F: 06-7165-1914