セイコー SK-2B  極厚物向け上下送りミシン
これこそテントシート業界のベストセラーといって差し支えはないのでは? 多くのプロが愛好する逸品で、使うほどになじんでしかも壊れない。
極厚物用とはいっても比較的薄物も縫えるマルチモデルです。比較的8番/5番、0番手といった糸を使用されているお客様が多く、釜構造がどちらかといえば#00向きではないせいもありますが、とにかく多くのお客様で使用しているモデルです。
今は存在しない、シンガーモデルを引き継いでいるミシンで、同じ形状でもラベルが「シンガー132K6」と銘打っている場合もあります。部品は同じです。

この機種についてはすべてのパーツを常備していますので、必要なときはスズキマシン リエンジニアリング(株)まで遠慮なくお問い合わせ下さい。

系統的には、このモデルがTU-273TH-2Bへ進化しました。
糸調子皿も大型、ピンピンバネは厚巻きで、専用です。
大型プーリーは鋳物製になっています。三菱より重量があり、貫通トルクにも影響しています。
微妙に糸かけの位置が三菱DY253と異なり、ビニロン#0番糸でも皿から押し出されることはありません。
押エはいわゆる「132K」タイプ。
平べったいのが特徴です。
釜は「三倍釜」という全回転モデル。 密度の濃いベルト3層以上になると糸切れしやすい傾向有り。
20インチのロングアームモデルもあり。大阪のサンケイコーポレーションの発案で設計されたそうです。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)へ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537