積層しておいた複数のシートに、まとめて穴をあける機械です。

何十枚ものシートの注文があったとき、ハトメアイレットを打つときに、どのように印を付けますか?
いちいち採寸してペンで印を付けるのは非常に大変です。

そんなときにクロスドリルを使用して、幾層か敷き並べたものを一気にポイントだけ穴明けします。
そうすれば、ペンなどのように消えてしまうことなく、小さな穴だけ開けてハトメ金具を打つ位置が確認できます。ふつうのターポリンであれば30枚か40枚ほど一気に熱で穴明けします。ドリルをつけることも可能です。

ヒーターが標準で付いていて、針は熱された状態で食い込んで印を付けます。
水平機や生地ガードも付いていますので、確実に直角に穴穿けが出来ます。

モデル
KD-110
KD-160
回転速度
2500回転/分
穴の深さ
110mm
160mm
針の太さ
標準1〜2mm
但しドリルを付けることも可能
重量
4.2kg
4.4kg
高さ
500mm
580mm

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537