超音波によるカットは、主にほつれる生地や、硬質樹脂などハサミでカットが困難なものによく使用されます。
実に多くの場面で使用されています。熱によるヒートカットと違い、溶断後のバリもでず、煙も出ず、カーボンもでず、いいとこばかりの切断用器具です。
出力のパワーによって大幅に価格が変わってきますが、サンプル機がありますのでご検討の時は遠慮なくスズキマシン リエンジニアリング(株)までお問い合わせ下さい。
適合するかどうかの判断が出来ると思います。
いくつか機種がありますが、あまり高額なものは初期投資として望ましくありません。

このUSW-334は20Wモデルですが、硬質樹脂のみならずフロッピーディスクや電線まで煙を出さずにきれいに溶断することが出来ます。
刃先は市販のカッターが使用できます。


樹脂バンバーや薄い銅板、FRPといったものもおかまいなく溶断していきます。
くわしくは「溶断のページ」をご参照下さい。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537