ここで説明する超音波やインパルス方式は、樹脂業界やファブリック生地業界が主流で、必ずしも我々の業界に適さない場合があります。
テントシート/サイン業界で生地といえば、帆布やターポリン/FFシートのこと、これはポリエステルやナイロンやガラス繊維などの織り生地に、塩ビなどを片面や両面コーティングを施したものなわけですが、中の基布はそのままにこのコーティング生地が溶けて冷却して一体化します。
そういうわけですので中の基布そのものはだいたい変質しないので、超音波など直接振動を生地表面に与えて発熱させるような場合、表面のコーティング素材だけどろどろになって付かない場合がほとんどです。

ただ素材によっては非常に有効で、こんな時困ってたなーというシーンが必ずあるかと思います。
ただし施工の関係や形状の問題でこれまで生地の位置合わせなどでよけいに人が必要だった場合、仮止めという用途で見ると有効な部分が出てきます。
そのような時は、人海戦術でえいやっと終わらせているかもしれませんが、超音波やインパルス溶着方式はそういう用途に最適ですのでご参考下さい。

超音波溶着は、異素材同士も溶着できますが組み合わせ次第ですので、関連表もご参考下さい。

その他の
形式
イメージ
概 要
簡単な説明
ホーン自体はそれほど大きくありませんが、生地の厚い部分の仮止めや樹脂パーツなどを溶着するときの仮止め用途に最適です。超音波は異素材同士の溶着も可能ですので、他の溶着と使い分けることができます。左右開閉式のトラックの幌、立体物の仮止めに充分なパワーがあります。
超音波
ホチキス型
仮止め
簡易溶着の決定版、ホチキス型のスズキ・はるるといいます。
車輌シートの仮止め、ファブリック、アクリルの日よけの仮止め、全然関係ありませんが弁当のビニールパックなど、化学繊維であればなんでも使えるので、重宝します。
インパルス
プレス型
インパルス方式は予備加熱の必要がありませんので、即座に使用できます。
この機械はラミネートフィルムや農業用ビニール、包装用のフィルム向けに作られています。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537