【 周 辺 加 工 編 】
ミシンでの縫製
☆生地の端は、通常2つ折りにして、強度を持たせます。そこにロープを入れたり角に補強布をつけることも多いです。
☆ミシンには、1本針と2本針があり、2本針で縫うと、1本針での加工時間の半分で済みます。
☆大きな生地を敷くと、床面に吸い付いてしまい、本来の重量以上の重さになります。床面にすきまや空間をもうけたり、コロコンローラーなどを敷いておくと少ない人数で動かすことが出来ます。
☆ボビンはあらかじめ、まき直して新しいものに替えておきます。

手順
必要なもの
イメージ
1
シートの際を折って縫い始めます。補強テープは折り
ながら中に差し込んでおきます。
・補強テープ用テープリール
・マグネット定規
・ロープ
・補強テープ
・防炎シール

マグネット定規
2
角で90度回し、蛇行しないように縫います。
・跳ね上げ押エ
・スケールプレート
 (定規シール)
3
角で90度回し、蛇行しないように縫います
2本針ミシンであれば、1周縫うだけで、完成です。
補強布縫いつけは、1本針ミシンを使用するか針を
1本抜きます。


2本針近接写真
☆こんなこと、毎日やっていませんか?

・生地が大きいので、たぐり寄せながらちょっとづつしか縫えない。肉体労働で大変だ。
・蛇行しないよう注意が大変だ、縫っているうちに生地が重みで引っ張られて、ずれてくる。
・テーブルの角で生地がひっかかる。すぐにインク出力した面に傷が付いてだめにしてしまう!
・糸がしょっちゅう切れて、仕事にならん!
・角で生地を回すときに、つい縫いすぎて生地から糸がはみ出てしまう。
蛇行せず、重い生地でも補助して引いてくれる
ミシン用先引きローラー
品質が安定、60分の仕事が45分に。
小型でも2本針があると工数が少なくなる
2本針総合送りミシン
完全に平行な縫い目、60分の仕事が30分に。
広い補助台で生地も引っかからず1人で作業
コロコンローラー付き補助台
人件費削減、生地に折傷つかず
1踏み1回転、正確なミシン掛けに・・・
ミツビシ・Fサーボモーター
素人でも縫いすぎることなく完璧な縫い目に

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537