熱板溶着による溶着サンプルです。
テフロンテープで生地はサンドイッチされて溶着され、冷却装置で品質を維持したまま硬化しますので、非常に高品質の見栄えを確保します。
ご心配の段部は、そこだけ低速で進ませることができます。
このままでは少々見づらいですが、画像をクリックすると大きな画像が出ます。
サインメディアの溶着時、一番気になるのはメディアが折れたり傷つくことです。
通常はコロコンローラーで直進性を充分確保してから作業に取りかかります。
☆サンプルについては随時改訂/製作があり更新されていきますので、左画像は必ずしも最新のものではありません。
試作を承っておりますので、遠慮なくご連絡下さい。不明点はお問い合わせ下さい。

お問い合わせは信頼と実績のススズキマシン リエンジニアリング(株)の溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537