ブラザー型ローラー送り式 超音波ウェルダー
 
この業界でもっとも多く使用されている通称「超音波ミシン」。連続溶着できる特殊ウェルダーです。
過去には250W、350Wなど小型の職業用ミシン型、幅継ぎ用のZ型などもありましたが、現在はデジタル/アナログ仕様の2機種、ともに500Wモデルのみ準備されています。
ワークに直接振動をかけますので、表面だけ溶けて中がついていない場合もあり、溶着とというよりむしろ溶断に使用されることが多いようです。ワークを補助的に引っ張ってくれる先引きプーラーがついているモデルもあり、金型ローラーを替えることで、溶着から溶断まで自在に変更できます。
インテリア業界では古くから自動裁断機でソニックカットを使用していますが、近年では飾り模様としての認知が高まってきました。

ポン地やポリエステル基布、不織布、PEシートなど、熱可塑性素材が織りになっている素材や樹脂そのものの加工に強く、ターポリンやFFシートその他芯が入っていないシートには弱い特徴がありますが、それを補ってあまりある汎用性を持った連続溶着が可能です。
デモ機がスズキの東京本社にあります。

ローレット
金型(ローレット)は、デジタル使用の場合23mmまで、アナログ使用の場合は48mmまで作れます。
品質がシビアでなければアナログモデルをお薦めします。
模様/金型形状は、エンドレス模様でないと安定的品質を維持できませんので、お考えの形状がありましたら事前にご相談いただければと思います。
ローレット模様一例
ローレットは丸形のエンドレスでなくてはならないというわけではありません。固定型にしてプッシュにするとまた違った形状のデザインも自由自在となります。
超音波設備は他の溶着設備と違い導入手続きも少ないのですが、溶着強度、溶着手法、生地等の影響をシビアにうける設備ですので、導入をお考えの場合各種実績を持つスズキマシン リエンジニアリング(株)までサンプル製作を指示下さい。
またワークがあばれたりすることが多いので超音波ミシン用アタッチメント、振動を受け付けないテープアタッチメントなどを準備しています。
もっとも適した組み合わせを探る必要があります。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)へ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537