膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
Puntoとは、MACユーザーのための刺しゅうデータデザイン/編集/レタリングソフトです。

従来、刺しゅう業界における刺しゅうデータ作成ソフトは、主として「原画を刺しゅうデータ化するだけでかまわない」というスタンスで開発/販売されていました。Puntoはこれまで主力を置かれてこなかったデザイン性に焦点を当てて開発されており、各種有力デザインソフト/ドロー系ソフトとほとんど完全な互換性を用意しています。既存のさまざまなデータをそのままベジェ曲線の刺しゅうデータアウトラインへ変換することができ、ユーザーがアドビ系になれていればDOS/V系PCのどんなソフトよりもデザイン作成に伴う時間短縮/コスト低減を実現しています。


デザイナーから見た、従来のDOS/V系PCによるデザイン作成の時の問題

原画デザインをおこす場合、手書きか、MAC上かでわかれるでしょう。ウインドウズでデザインを作る・・・というのもいまでこそ支障はありませんが、5年前であったらはたして認められたかどうか。
DOS/V系PCでは今でも、たとえばデザイナーが原画をおこしたあと、1.まず刺しゅうデータ作成業者へ原画を持っていき制作依頼を出す、2.原画を元に、パンチ屋さんで原画を刺しゅうソフトの中で再びトレースして刺しゅうデータをおこす、3.必要であれば通常BMPにして画像処理ソフトへエキスポートして・・・という手順が必要で、二度手間、三度手間が発生していました。もちろん画面上で目分量トレースをしているため、どんなに精密にトレースしてもすでに原画とは、ずれが生じています。

また画像フォーマットの仕様によっては刺しゅうソフトで読めないなども発生し、不足の手間も発生しうるのです。

しかし、デザイン・DTPで圧倒的シェア/技術を持つMAC/Puntoでは、フォトショップ、イラストレーター、コーレルドロー等のパスをそのまま利用できますので、このように再びトレースする必要なく、メーカーまたはお客様の指定/作成通りに完璧に刺しゅうデータへ変換することができます。設定が必要なのは、糸の密度、糸の方向をいくつか入力するだけです。

どこにPuntoの優位性があるか

Puntoの最も使える機能としては刺しゅうデータをプレビューモードにしたとき、PICTで落とせるということです。通常の作成状態では、他のDOS/V系PCソフトと同じように線画にて糸目、アウトラインが表示されています。ウインドウズ系刺しゅうソフトのプレビューは、ウインドウズOSの問題もあってか、比較的きれいな画像ではありません。画面をキャプチャーまたはハードコピーしてドロー系ソフトへペーストし必要部分を切り取って保存、ですので煩雑さは拭えません。Puntoでは、光の加減・光源の位置もスクロールバーで調整可能で、糸の太さも450デニール相当から75デニールかそれ以下程度まで設定できますので、より現実的な画像を実感できます。また、アップリケ設定をいれておけば、背景生地とも別に貼付画像も挿入できますので、小回りの利くところです。

またプラグインで、各種発売されている機能を追加できます。KPTはもちろん、フォトショップ上のものも可能です。プラグインごとコピーも可!(ただし風、球面、海の波紋などアウトラインにできないもの、刺しゅうにしたら意味がなくなる物は別です)。後から追加/削除は自在です。

デザイン作成途中でも、エキスポート/インポートは自在ですので、Punto上では面倒な作業も大手有力ソフト上で加工後に戻すというようなことも可能です。

デザイン系ユーザーへPuntoをお薦めする根拠

以上のような理由から刺しゅうソフトを導入する際、まずはお客様が優先するのは、PuntoDOS/Vか、つまりMAC特有のデザイン性か、ただパンチできればいいかをお考えいただく必要があります。
各種有力ソフトのバージョンにもよりますがほとんど同じショートカット操作性、きわめて高いデータ互換性、
MAC有の感覚的操作、これまでデザインしてきたたくさんのデータ、同業者との差別化、今後お客様が目指す方向性を見た上で、Puntoは最も有力なソフトであるといえるでしょう。
なお、レタリングについては標準で英数字は63書体、MACフォントの自動アウトライン変換はソフトのグレードにかかわらず、レタリング機能により無制限に可能です。タタミ上へのモチーフ貼付は133種類となっており、現在翻訳中のバージョン5についてはさらに機能は拡充の予定です。

Puntoの出力機能

刺しゅうデータのファンクション(機能)としてタジマのレーザー仕様機や、上下糸切り等にも対応しています。
くわしくはスペック表を参照ください。


お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)刺しゅうシステムグループへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T/F: 06-7165-1914