膜類加工用設備販売・各種フィルム/繊維製品向け溶断設備製作・工業用刺しゅうシステム・改造・電気回路設計
サイトマップ
テントシートの歴史は、溶着の歴史ともいえるでしょう。
ここでは、当社がお客様へアフターフォローしている商品についてわかりやすく解説をしています。
多様化する素材に対し、適切な品質を確保するためには、それぞれの設備の長所短所を見極めた使い分けが必要です。
生地を床面に敷いたまま自走する、熱コテによる溶着方式
最も一般的な高周波方式。
金型を変えることでどのような部位でも自在。
熱風で生地を溶かして溶着。
手動式と自走式があり、最も加工速度が早い
主としてファブリック/織り生地溶着に。溶断も可能。

ベルトクランプで薄く伸縮性のあるものでもシワ少なく安定した溶着品質を実現します。

中古の高周波ウェルダーなどの設備情報です 中古設備のご提案

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング  溶着システムグループへ・・・
東京都江東区三好2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537
大阪府箕面市外院2-15-1-507 T: 06-7165-1914 F:06-7635-7751