【生産性向上のご提案】
現在簡単な加工を内製化されているお客様向けの内容です。
ミシン1台あれば透明糸とナイフ針で生地の巾継ぎと縁加工/ロープ入れ、ハトメ打ち加工までできますが、それではサンプルを持ってきて同じようにしてというお客様の要望に対して限界があります。
次の段階に進むには最低限 高周波ウェルダーと、ミシン工程の省力化、ハトメ金具の自動打ち機の導入がさけて通れません。
高周波ウェルダーがないと新規顧客への対応が不十分で、要求される外見や品質を提供できないことがあります。
社内でのコストを低減するためミシンも先引きローラーをつけて生地の直進性を確保したり、補助台を付けて生地の折れ跡やインク面の擦過を防ぐ必要が出てきます。
外に対して費用を払わないで良くなっても、社内でやった方がコストが埋没して利益を目減りさせることがあります。
この先に進むには、設備の増強と、加工の付帯作業をつぶしていく必要があります。
ハトメ打ちは、トンカチによる腱鞘炎経験者多数の一番面倒な加工ですが、自動機があれば穴明け、金具の供給、カシメまで1秒でできます。

加工を全面に出して専門にやるのでなければ、このシステムを揃えることで、お客様の要望に対しては万全の体制になります。
スズキではテントシート/サインで培った一貫したシステムでのご提案と、一貫したアフターフォローを展開しています。

とりあえずお客様の要求に全部応えられるように・・・

設備
イメージ
必要な副資材
説明
1
高周波
ウェルダー
YDT5000M
金型各種
本体180万円程度から。導入時は電波通信法に基づいて役所に届ける必要有り。金型は形にもよりますがギザがあるものやギザなしの平板、社名など文字の入ったものも作れ2万円ほどから。機種によりますが一度に50cmから1m程度まで一度に溶着できます。
2
自走式
熱コテ
溶着機
トライアド
なし
本体150万円、生地を敷き自走するので折れ傷や擦り傷が発生しません。
生地同士の巾継ぎ、縁加工向け。ロープ入れオプションで折り目の際までしっかり溶着できます。大手テントシート屋さん等でテント倉庫などの長いものを生産するときによく見られます。
テンショナーを使用することでサインものの絵合わせも用意にでき、生産性は高周波ウェルダーの1.5〜3倍。
3
2本針
ミシン
押エ金
縫い目1本でいいということは少ないです。1本針ミシンであれば少なくとも2周、大きな生地を回転させて作業が完了するわけですが、かさばるものを傷つけないように取り回すのは大変です。2本針なら1回生地を取り回すだけで完全に平衡に2本の縫い目を実現できます。
スズキでは先引きローラー(15万円程度)、補助台、テーブル取り付け用静電コロコンローラー(3万円)、サイン仕様、テントシート仕様を準備しています。
4
ハトメ
自動機
自動車用オイル
ミシン用オイル
穴明け、ハトメ金具のオスとメスの供給、カシメまで1秒で完了させます。
60このハトメを打つ場合、手打ちなら1時間かかっていましたが、自動機であれば60秒とはいいませんが3分以内に完了するでしょう。
腱鞘炎ともこれでおわかれです。ほとんどこわれたことがありません。
《 解 説 》
一番安い小型高周波ウェルダーであれば、180万円と設置費などで200万円程度で導入できます。ウェルダーには様々な仕様がありますが、テントシート仕様(ターポリンやFFシート等長物向け)というものを使用します。
樹脂業界や成形業界向けのものもありますので間違えると使用できません。
金額の高いものほど一度に溶着できる金型の長さが幅広くなりますが、値段も比例して高くなります。
1本針ミシンを入れるときに、改造して2本針になるモデルを入れていれば改造ですみますが、2本針にならないモデルのときは入れ替えか増設が必要になりますので、最初の選定が重要です。
改造なら10万円ほど、新規に入れなくてはならない状態なら40万円ほど見ておく必要があります。
ハトメ打ち機は150万円。大きなハトメ金具や鬼ハトメ(ギザ付き)の場合は170万円の強力タイプです。日々の掃除、注油が大事ですがチェックさえしていれば故障することはめったにありません。

ミシンとハトメ打ちだけはやっていたとしても、一度にウェルダーとハトメ自動打ち機をいれるとコスト負担があるので、まず高周波ウェルダーでお客様への浸透を行って間口を広げてから、ハトメ打ち機の導入へと進むのが順当ではないかとスズキでは考えます。

高周波ウェルダーの概略説明などは「高周波ウェルダー」か「テントシート/サイン プロ7つ道具」のページで詳しく説明しています。
ちなみに一番小さい高周波ウェルダーは本体180万円程度。中古ウェルダーは大阪の(株)サンケイコーポレーションで在庫多数です。

《導入コスト計算例
高周波ウェルダー一式200万円なので5年リースで、1ヶ月42000円。
総合送り1本針を2本針に改造ですめば、10万円程度。
ハトメ自動打ち機150万円であれば5年リースで31000円ほど。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537