どのミシンがいいのか
初めて導入されるお客様から必ずご質問があります。
良品を仕上げるという意味で見ると、どれも同じですとしかいえません。
ただ実際は、導入コスト、同職種での普及率、新型かどうか、長ものが出来るようにロングタイプにするかどうか、ご検討いただく必要があります。機械の寿命は、どれも産まれた赤ん坊が中学生になるぐらいは持ちます。

ここでは、我々の業界の用途に応じたご提案をしたいと思います。
ミシン単独については、「産業用/工業用ミシン」のページをご参照下さい。
ミシン1台あれば何でも作れる何でも屋のテントシート業界。その中で目立つものをまとめました。

小回りの利く上下送りミシン 長尺物/厚いもの向け総合送りミシン
車でいえば、FR前輪駆動車。
上下の送り歯だけで、生地を送ります。針は定点で上下するだけなので、ずれやすい反面、生地を取り回すのに小回りが利くので好都合です。
長尺物よりむしろ、テープの2つ折り工程や小物、日よけの波の部分に最適。
車でいえば、4輪駆動車。
上下の送り歯とともに針も刺さりながら送りので、ふわふわした物や重い長尺物シートに最適です。ぐいぐい食いつきながら送っていきます。
長物シート以外に、車輌シート/ソファ、コンクリ養生シートなど厚物に。
いつかほしいプロの道具・スーパーロングアームミシン
プロの道具というと、これが決定版です。
ふところは750mmあり、ボビンは超大型3.5倍釜、送り歯も押エも大型で、どんな長物でも余裕。
テント倉庫から集会用テント、ガラス繊維のメディアまで万能となります。

生地を送る方式の簡単な説明
ミシンにより生地の送り方が違います。テントシート/サイン業界では1に総合送り、2に上下送り、3にロングアームが一般です。
下送り
下に送り歯
だけある。

差動下送り
下の2つの
送り歯があり
送り量可変。

針送り
送り歯と同
時に針も
動く。

上下送り
上と下に送
り歯がある。

差動上下送り
上下3つの送り量が可変。
革などにギャザをいれる。
総合送り
上下の送り歯と
一緒に針も刺さりながらしっかり送る。
車輪送り
カバン/靴のような立体構造や、傷つきやすい物に使用。

注:それぞれのメーカーは必ずしも競合していません。それぞれ市場によって棲み分けをしています。各社強みを持っており、使用する製品にあわせ、限界性能を考慮しながら、スズキではお客様にご検討いただいています。
お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システムグループへ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537