ドームテント(東京ドーム等)などは建築物扱いで、A種膜(ガラス繊維にテフロンコーティング)などで出来ていたりしますが、塩ビ主体でもテント倉庫や透明が多いですが間仕切りシート/防水シート、サイン/屋外広告等は直線が多く、高周波ウェルダーだけで完結させるには単調で、もっと早く作業できないかという素朴な疑問が出てきます。
そのようなときに、長尺物対応の溶着機が重要なパートを占めます。生地は床面に敷きっぱなしで溶着機が動いて加工します。

生産性は高周波ウェルダーに比べ8時間の仕事が6時間〜3時間程度、1.5倍から3倍で圧倒的な生産性を誇ります。溶着品質も生地によりますが剥離試験で99%近い数値を出したり、金型で押すわけではないので表面に溶着の跡が見えない場合がほとんどですので溶着部位の見栄えも非常に良好。
導入コストも高周波ウェルダーの半額程度と思っていただいてかまいません。

サインものは特に表面に擦り傷や折れ曲がりの跡が付くとまずいので、このような自走式溶着機で生地を敷きっぱなしにして加工することが求められます。出力機の種類にもよりますが、含浸の深い機種ほど加工するときに気を遣わないで済むようです。最近のUVインクはOKなものが多いです。

長尺物
イメージ
概 要
簡単な説明
サインものの絵合わせや、テント倉庫/トンネル換気用ダクト、発泡コンクリ養生シート、日よけから透明間仕切りシートその他で幅広く使われている騒音なし煙なしの熱コテ型自走式のトライアド。巨大なはんだごてで生地の接する面だけ溶かしてプレスして進みます。
生地テンショナーなどオプションも多く、3〜13mm程度のロープを生地のキワまで入れて溶着出来ます。
素人がすぐ使えるという特徴があります。動作は直進性を出すため分割式レールを使用します。
一番加工速度の早い溶着方式です。小回りも比較的利くので、トレーラーのオビ付けなど、巾継ぎや縁加工以外にも対応しています。熱風を吹き出しますので、なれないと生地を焦がしたり、よけいなところまで少し溶けてあとでテカってしまったりすることもあるので、熟練が必須。なれるとこれほどいうことをきく機械もありません。
生地から蒸発するガス(注1)がいけませんので、排煙装置か換気が絶対必要です。
上下2枚のぶんちんのような低温の熱板でじっくりじわじわ生地を溶かし、プレスした後で空冷または水冷で冷却するのでシワなく非常にきれいな溶着品質を実現します。この3機種の中では加工速度は遅いほうですがそれでも高周波ウェルダーの1.5倍程度は期待できます。
サインものの絵合わせにはとくに良く、突き合わせ溶着もテープを供給しながら一番きれいで実績も多数です。オプションも多数ですが、長もののみの対応です。
生産性など良い面がある反面、高周波ウェルダーに比べ小回りが利かず、どれも原反同士の巾継ぎと縁加工(ライスター以外はロープ入れも可能)の機能に限定されるとお考え下さい。熱板式だけは3枚4枚の複数の生地も溶着出来ますが、トライアドとライスターは基本的には2枚合わせだけです。
何度も切り返しますが、高周波ウェルダーに取って代わる設備ではなく、使い分けが重要です。
サインものの巾継ぎと縁のロープ入れだけならトライアドが一番お薦めですが、角に三角形の補強生地は、つけることが出来ません。ライスターでは可能ですが自走式モデルでは逆に手間がかかるのでそのような場合は高周波ウェルダーかハンドライスターがお薦めです。
熱板式のLHPは非常にきれいな品質で生産でき、またオプションも非常に多数で溶断も同時にできたりしますが、同様な側面があります。
スズキではデモ機がありますので、一度ご参考下さい。

(注1)・・・ガスは生地成分によって様々変わるようですが、少なくとも塩素ガスではないようです。腐食性のある塩化水素ガスともいわれていますが世間でははっきりしていません。

お問い合わせは信頼と実績のスズキマシン リエンジニアリング(株)溶着システム係へ・・・
東京都江東区三好 2-16-4 T:03-3641-5485 F:03-3630-5251
岩手県奥州市水沢区山崎町 9-12 T:0197-24-6563 F:0197-23-6537